心理を学ぼう|心理カウンセラーの資格を取るなら|悩める人に愛の手を

心理カウンセラーの資格を取るなら|悩める人に愛の手を

ナース

心理を学ぼう

カウンセリング

どう学ぶか

心理学を学ぶには大学で専攻するという方法があります。講義は教養学部にもありますが、大学によっては学部や学科として独立しているものもあります。心理学は、実験心理学や認知心理学、臨床心理学があり、自分が何を学びたいのかある程度知っておく必要があります。実験系であれば、統計など理系的な知識も必要になります。一方、カウンセラーになりたいのであれば、臨床系の大学院まで進んで臨床心理士などの資格を得る方法があります。心理学全般の基本知識を得たことを証明するものとしては、認定心理士の資格があります。大学で決められた科目の単位を得ることが必要ですが、放送大学などの通信制学部で得ることも可能です。ただ、認定心理士の資格が職業の中で活用できるかといえば、それだけでは難しいように思われます。

社会で求められるために

現在、社会で使える心理学、特に臨床場面で一番信頼性が高い資格として臨床心理士が挙げられます。ですが、臨床心理士になるには、指定大学院を出た上で資格認定試験に合格する必要があり、ハードルが高いものとなっています。それ以外にも、産業カウンセラーや学校心理士、臨床発達心理士などがあります。臨床心理士を含め、どれも学会認定資格などの民間資格であり、これまで給与も含め待遇は非常に不安定なものでした。しかし、国家資格として公認心理師が出来ることが決まり、立場的にも以前より良くなることが期待されています。今後、公認心理士の資格を得るには、所定の科目を取得し、試験を受ける必要があります。社会の要請により、ようやく認められたのが、心理師の国家資格であり、より一層活躍が求められている分野と言えます。