医師と看護師の需要の変化|心理カウンセラーの資格を取るなら|悩める人に愛の手を

心理カウンセラーの資格を取るなら|悩める人に愛の手を

ナース

医師と看護師の需要の変化

病棟

需要の高まりの背景

医療系の資格の中で中心的な位置づけであった医師と看護師は、近年さらに需要が高まりつつあることでより重視されている資格の一つと言え、高齢化がその理由の一つです。高齢化が急速に進む現代の日本では、地域に一つの総合病院だけでは多くの患者に対して十分なケアが難しいため、町村のようなより小さい単位に複数の病院が必要です。また、体調の問題で直接病院に赴くことが困難な高齢者に対処するためには訪問医・訪問看護が必要です。このような事情から、現在では特に地域に根付いた医療が求められており、医師と看護師がその中心として不可欠な存在となっています。また、需要が高まっている資格は安定的な仕事に繋がるという面もあり、医療系の資格の中でもこれら2つの資格取得を目指す方が多いです。

取得までの流れ

医療系の資格のほとんどは国家資格であり、取得には所定の期間の実習や実務経験と国家試験の合格が必須です。特に医師と看護師は厳しい実習と国家試験対策が求められるため、資格取得までの流れをしっかりと理解することが大切です。医学科は基本的に6年制で、最後の2年間を病院での研修に費やすことが多く、看護士を目指す場合は最後の年次に卒業論文・研究を仕上げながら研修を行う必要があります。国家試験は大学卒業または卒業見込みを要件に受験することになるため、研修や卒論の執筆を行いながら空いた時間で試験対策を行う必要があります。以上のように、国家試験を受ける年やその前年は大学で求められる研修や研究と同時に試験対策を行う必要があるため、試験の傾向を調べて短時間でも効率的な対策ができるように注意しましょう。