心理カウンセラーの資格を取るなら|悩める人に愛の手を

看護師

心理を学ぼう

カウンセリング

心理学の資格には様々なものがあります。現在有名なのが臨床心理士ですが、国家資格として公認心理師が出来ることになりました。それにより、社会的な要請にも応えることがより一層求められることとなったのです。立場的にも認められるため、安定して働くことが期待できます。

相談員として働く

相談

ひとつだけではありません

心理カウンセラーは心に問題を抱えている人に対して、悩みを聞きとり、問題解決の援助をする人をいいます。心理カウンセラーの仕事をするためには何か資格が必要なのでしょうか。現時点で「心理カウンセラー」という名称の資格はありませんが、それに関連する資格はさまざまあります。試験の合格で取得できるもの、大学や大学院の特定の課程を修了しなければ受験資格を得ることができないもの、条件を満たせば申請のみで取得できるものなどです。資格がなくても仕事はできますが、多くの求人では資格の保有が条件となっています。心理カウンセラーと同じような仕事にソーシャルワーカーがあります。どちらも相談員として活動しますが、ソーシャルワーカーは医療や介護などの実際の生活問題について援助します。この点、人の心の問題を扱う心理カウンセラーとは少し異なります。

多くの人が勉強しています

心理カウンセラーは企業や学校などに限らず、医療機関や介護福祉施設、大学などの研究機関、裁判所や少年鑑別所といった司法機関など、幅広い分野において活躍しています。特に一定規模の企業においては従業員のメンタルケアの一環として、ストレスチェックの実施が義務付けられています。このため、心理カウンセラーの需要は増加傾向にあります。その他にも、民間の相談室として個人で開業したり、テレビやラジオなどのメディアに出演したりして活躍している人もいます。このように心理カウンセラーとして活躍できる場所が多くなってきていることから、資格を取得する人が増えています。また、資格取得に向けて得た知識が、他人とのコミュニケーションを取るうえで役に立つことも心理カウンセラー資格の人気のひとつです。

医師と看護師の需要の変化

病棟

高齢化によって患者数が増え、通院が難しい高齢者も増えていることから、主に訪問医・訪問看護に関する医療系資格の需要が高まっています。これら2つの資格を取得するためには、実習や卒業研究と並行して国家試験対策ができるように情報収集をしておくように注意しましょう。

心理学を活かせる職業

相談

人の心を解きほぐすことのできる心理カウンセラーは、今世の中に最も必要とされている職業で通信講座でも資格をとれます。 日常に起こる様々な悩みや苦しみを聞き、クライアントと一緒になって問題の解決に取り組んでいきます。